結婚相談所の上手な利用法

これから結婚相談室にご入会をお考えの方や、既にご入会された方々に、「相談室の上手な利用方法」について、私の経験談やハウツーをご紹介したいと思います。皆様のお役に立てれば幸いです。

結婚に対する心構え 

理想の相手とめぐり合い、素敵な恋をして、愛する人と結婚できたらどんなに幸せなことでしょう。
「だれかいい人はいないかしら」
「わたしも、いつかは、きっと・・・」
「やっばり、結婚したいなぁ・・・」

本気で「結婚したい」と願うなら、まず自分自身を変えていくことからはじめましょう。
前へ一歩を踏み出した瞬間から、結婚は現実のものへと変わっていきます。
さぁ、次は、あなたが主役です。


結婚相談室の選び方

結婚情報サービスは大きく二つに分かれています。

一つは大手の結婚情報サービス業者です


資本力が有りマスコミで大きく宣伝しているのでご存知の方も多いでしょう。
その殆んどが、入会時に35〜45万の成婚料込みの高額な入会金と月会費を一括で支払うシステムを採用しています。
電話勧誘、相談窓口、入会勧誘と、それぞれの専門分野に分かれてプロの営業マンを揃えていますので、ちょっとシステムの説明を聞きに行くつもりで、そのままローンを組まされて入会してしまった方も沢山いらっしゃることでしょう。「会員期間が終わっても、結婚できずにローンだけが残っている」なんて話もよく聞きます。一括先払いシステムの場合、一度入会したら以後のサービスは事務的な対応の所が多く、きめ細かなサポートは殆んど期待出来ないのが現実です。
豪華なパンフレットや、紹介ビデオ、都心の立派なオフィス等の外観に惑わされずに、しっかりと中身のシステムやサービスを比較して慎重に選ぶ事をお勧めします。

もう一つは、個人経営の相談室や小規模の結婚相談室などです。

ベテランのお仲人さん(いわゆる世話焼きおばさん)のいる
、町の結婚相談室のことです。
これらの相談室の歴史は古く、全国に約4000社あるとも言われていますが、1つの相談室の会員数は少なくても、それらが互いにネットワークを組むことで、大手情報サービス会社の数十倍もの会員を相互に紹介し合うシステムを作り上げています。
中でも、全国最大規模を誇る日本ブライダル連盟(BIU)と日本仲人連盟(NNR)、良縁ネットには約2500社の相談室が加盟しており、その加盟会員数は全国で10万人にも及びます。仲人さん達は地域に密着した面倒見のいい方ばかりです。結婚に対するプロですので何でも相談することが出来ます。
ただし、加盟する相談室によって、それぞれサービス内容や料金に違いがあります。誠心誠意真面目にやっているところもあれば、あなたの幸せな結婚より商売を優先するところもあるので気をつけましょう。

相談室を選ぶ三つのポイント

1.情報量の多さ

情報量が少ないとあなたの出会いチャンスも少ないという事です。せっかく会員活動しても、思ったようにお見合いができなければ困りますよね。毎月の会員情報量はどの位か、学歴、年収、年齢などに分かれた各種パーティーの有無などを事前に調べておきましょう。

2.費用

低料金をうたい文句にしているところは、入会後、何もしてもらえない事が多いので要注意です。本来の仕事であるはずの会員一人一人に対しての十分なサポートが期待できないからです。 安い料金にはそれなりの理由があります。
料金は少し高くてもちゃんとしたところを選んだほうが安心ですよ。一生の事ですから。

3.サービス

お相手を選ぶ時に相談室まで足を運ばないといけない所が多いですが、お見合いの申し込みがあっても、すぐにお相手の情報が得られないため、効率が悪いのが欠点です。時にご縁を失う事もあります。
インターネットをうまく活用している相談室なら、24時間メールで連絡もできるので、情報伝達のスピードが飛躍的に早く正確に行えます。
また、写真付のプロフィールを毎月郵送してくれるなら、さらに便利です。
休日にわざわざ相談室まで行かなくて済むので忙しい方には嬉しいサービスです。

短期間で結婚相手を決めましょう
相談室に入会したら6ヶ月以内を目標にして、結婚相手をさがしましょう。
期間を限定することで、やる気を起こし、より積極的に活動するようになります。だらだらと活動するのは、費用も時間も無駄になります。真剣勝負のつもりで活発な会員活動をしましょう。

入会後、2、3ヶ月ぐらいが最も大切な時です。この期間、沢山のお見合い申し込みがきますので、このチャンスを大切に掴まなければなりません。

これからの長い人生を共に過ごす一生のパートナーなので、お互いに信頼し合い、同じ価値観をもち、人柄がよく、安定した収入がある方・・・、そうした目でお見合い相手を選べば、目標どおり6ヶ月以内にきっと素敵な方にめぐり合うことが出来ますよ。

写真はとても大切です
  写真はとても大切なポイントです。写真の違いだけでお見合いを申し込まれる数は大きく変わってきます。
1年間も在籍していた会員が、写真を取り替えて再登録をしただけで、1ヶ月に全国から200人以上の申し込みが殺到した例などがあり。写真の影響はとても大きいものです。担当のカウンセラーと相談して納得のいく写真を登録しましょう。

写真の表情一つで印象が大きく変わります。女性なら優しく微笑んでいるもの、男性ならスーツ姿がベストでしょう。
会員の中には、医師、弁護士、大学教授など社会地位が高い方で、会員誌に自分の写真を出したくないという方もいらっしゃいます。こうしたステータスの高い方は、写真が無くてもお見合いの申込みが沢山やってきます。しかし、普通の方の場合は、写真が無ければ、お相手からの申し込みは期待できません。あなただったら写真を見ないで、お相手を選びますか?是非、写真付の登録をお勧めします。
知人に知られたら恥ずかしいとか、いろいろ心配していては、何も出来ません。自信を持って、一番いい表情の写真を掲載しましょう。

どうしても写真を出したくない方は、アニーズの「シークレットコース」をお勧めします。家族や友人、会社の同僚など、誰にも知られずに会員活動が出来ます。
お見合いから交際へ
  いくら条件の良い方やルックスの良い方を選んでも、実際に会って見ないとその人の人柄や価値観などは判りません。
あるがままの自分を相手に見せて、それを容認する事のできるお相手かどうかを判断しましょう。
本当の愛にはテクニックなんか必要はありません。はじめの二、三回のデートで相手がどんな人かを知り、さらに交際を深めていくべきかどうかを判断してください。もしも、お断りの場合は相談室の担当者を通じてお相手に伝えます。気まずい思いをしなくて良いのも相談室を利用するメリットでしょう。

お見合いを成功させるポイント

・第一印象はとても大事です、定刻10分前まで指定場所へ余裕を持つ事。
・服装、髪型は清潔が一番、明るく、さわやかな印象を。
・ご挨拶は丁重に「初めまして○○○です、宜しくお願います。」
・事前に、お相手の経歴、家族状況、趣味等を心得ておく。
・過去の恋愛やお見合いについては話題にしない。
・外見・容姿だけでなく、内容、人間性を重視する。
・相手にばかり点をつけないで、自分にも点数をつけてみる。
・お見合い後の初めてのデートは出来るだけ早い機会に。
 良い人であれば、ライバルも多いもの。チャンスを逃さないよう、積極的になりましょう。
・好きになる事も大事ですが、相手に好かれる努力も怠らない。
・ご縁がなかった場合でも、相手から惜しまれる様に・・・。 印象が強いと次により素晴らしいご縁が紹介されます。

各種イベントへの参加
  相談室によって、いろいろなイベントを企画しているところがあります。趣味のサークル、日帰り旅行、ハイキングなど。
その中でも最も人気なのが、お見合いパーティーです。
お見合いパーティーってどんな内容なのか気になりませんか?

お見合いパーティーの流れ

パーティー当日に配られた参加者名簿はお名前、年齢、職業、学歴、婚暦などが記載されています。


■会場の受付で以下の資料を渡してくれます。

1.参加者名簿  2.番号名札 3.呼出カード 4.マッチングカードなど資料を受け取られたら、 自分の番号の席へ  

■パーティー開始

1. 参加者全員の自己紹介 男性、女性の順に簡単な自己紹介をします。
短くて印象に残る一言が効果的です。
2. お食事・フリータイム ここからお席は、フリーとなります。
食事をしながら気に入った方に話し掛けましょう。
3. お見合いタイム お話したい方の番号と氏名を書いた呼び出しカードを司会者に手渡すと、ご希望の方を呼び出して引き合わせてくれます。お二人で自由にお話してください。お話が終われば、次の呼び出しカードを使って、別の方とお話ができます。
4. ビンゴ ゲーム 男女とも気に入った方を3名ずつ記入したマッチング カードを出します。
スタッフがマッチングの集計をしている間、ビンゴゲームで楽しみましょう。
粗品を進呈します!
5. マッチング発表 いよいよマッチングカップルの発表です!
マッチングしたカップルは、そのまま二人でお帰りいただけます。 楽しいデートをお楽しみください。翌日、結果を担当カウセラーに報告して下さいね。

■パーティー終了

マッチングされた方は、その日からお二人の交際が始まります。
また、マッチングされなくても、後日、もう一度お会いしたい方がいらっしゃればカウセラーにお知らせ下さい。
お相手からOKの返事があれば、お見合いをセッティングいたします。

■パーティーの心構え

・服装は、女性はスーツか
ワンピース。宝石などの過度な装飾は控えましょう。男性はスーツにネクタイが無難です。
・歓談は名簿と胸の番号を照合して、積極的に話し掛けましょう。
・当日、住所・電話番号等の交換はしないで下さい。
・お互いが交際希望の場合は、翌日、担当カウンセラーにご連絡ください。

大切な恋愛期間
  お見合いで理想の方とめぐり合えたらご交際へ。出会いから生まれた小さな恋を大きく育てていくために・・・

自己開示

自分の過去や現在、将来の夢など率直に話しすることを、心理学者では自己開示と言います。
つくろわずに話すことで、お互いの距離はぐっと近く感じることができます。勿論、相手も自己開示が必要です。

二人だけの時間を増やそう


会う回数が増えれば増えるほど好意を抱いていきます。人は誰でも、慣れない人に対しては不安を持ちやすいけれど、慣れるにしたがって不安が消えていくものです。

共通の体験


愛を語り合うには共通の体験が必要です。一緒に映画を観たり、美術館に行ったり、イベントに参加したりいい思い出をたくさん作ってください。そして、その体験をもとに、自分が感じる事、相手が感じる事などを語り合いましょう。たくさんの共通の話題や思い出を作ることで、感情が高まり、やがて、この人しかない・・・、この人なら・・・。

交際中の恋愛期間は3ヶ月〜6ヶ月が適当です

ほとんどの男性が3ヶ月過ぎた頃に女性にプロポーズして、その3〜4ヶ月後に式を上げるケースが最も多いです。
「えっ!そんなに早く?」と驚かれるかもしれませんが、事実です。既にお互いに結婚に対しての準備が出来ていますので、お互いの気持ちが一致すれば、案外すんなりと結婚がまとまるものです。逆に交際期間があまり長くなると、かえって上手くいかなくなるケースが増えて来るので、大体、3ヶ月くらいを目安にこの人と結婚するかどうかを判断して下さい。もし、どちらかが本気でなければその時点で、お断りして次の方を探すようにしましょう。

 




Copyright(c)2001 AnniesBridal. All Rights Reserved.